SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

コロッと・ピッと レジェンド

小説2
今更ネタバレの必要があるとは思えないけど
一応ネタバレ仕様に。

こないだ買った「深夜プラスワン」。
もうすく読み終えます。

が。
海外の作品ですので、名前はもちろん横文字。
出てくる地名も聞いた事のない地名ばかりで
全くイメージできずに終わりを迎えようとしてます^^;

リヒテンシュタインなんて地名が出てくるんですが、
調べるとなんと小さな公国。
丁度、スイスとオーストリアに挟まったところです。

はじめは、フランケンシュタインの仲間かと思ってました(笑)全然繋がりあらへんのに。

あと時代設定も随分と昔でして、乗り物の名前を聞いても
全然ピン♪と来ません^^;
因みに出てきたのは、ロールスロイスのファントム。

ファントムと聞いて、象が出てきたんですが
象はエレファント。
どう間違えるんやろか(笑)

この小説は、もう一度調べなおしてから
読み直した方がいいですね。

って、事で次に触手を伸ばしたのは
「木更津キャッツアイ」のシナ本でした^^;

この次は何にしようか。
何かしら、オススメがあれば誰かご教授下さい<(_ _)>

って事で「読書の秋」を先取りしております^^

| 交渉人 ネタバレ | 22:33 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
読書漬け
ここ最近
『砂の器』『交渉人 真下正義』『タイガー&ドラゴン』これ等の小説を一気に読み終えました。

T&Dを読み終える頃、次は何を読もうかと
悩んでいたところ、先日映画館で真下〜を
見たのもあって、「深夜プラス1」に
的を絞り購入♪

が、これが私には難関の小説。
それは、登場人物が全て横文字のため(笑)

過去に、刑事コロンボの小説を読んだんですがその時も
なかなか覚えれなくて、何度も役名を確認^^;

ありふれた、聞きなれた人物名ならまだしも
大概、それら以外の名前が出てくるんですよね。

って、早速。ジャガーノートでも出てきた
”ホプキンス”なんて名の登場人物が。
これはさすがにリンクとは呼べないですね^^;


こうやって、踊る〜から出てきた映画や小説を
観たり読んだりするのも、一つの楽しみ方と
自分では思ってます。
じゃないと、ただでさえ小説なんて普段読まないのに
こうして読んでますしね♪

他にも、捜査員さんとの交流で得たもの、刺激を受けた物等
数知れずあります。
踊る〜の影響は、絶大です。

私の人生に於いて踊る〜とは
『ミッドナイトプラスアルファ』(笑)

勿論「ミッドナイト」は関係ありません^^

| 交渉人 ネタバレ | 23:01 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
リンク??
今、『砂の器』の小説を読み終えようとしています。

この『砂の器』と言えば、OD2ですみれさんが
口走った言葉であり「カメダ」に繋がってます。

で、この容疑者によるトリックが真下〜と
似てるようでした。

容疑者は前衛音楽家。
奇怪な音で楽曲した彼の音楽は当時の日本では
理解し難い物であったが、若い人達により支持され
期待の若手芸術家と称されるように。
彼の犯行手口は、超音波や高周波数を使ってのもの。

これと、オーケストラでのシンバルですね。
オシロスコープを用いた爆弾の手口。
と言っても、この手の物は、他に例がありそうですが^^;

あと、犯人が故意で落としたのか、それとも
落ちてしまったのかは分からないが、
どんなレベルで高周波数を流すか記載された
紙切れ。これには、「失業保険給付金総額」と
書かれてあり、5桁の金額と思われる数字で
一見、ただの落とし物のように思える。

がしかし、途中記載されてない期日があり、
これは後に、周波数を流す上で空白を示すものとされている。

これは、真下〜でいう、ヒントの「小説」と、リンク?
「小説」と「小節」ですね。

なんか妙にマッチングしてるように思えて仕方ないけど
どうなんやろうね。
| 交渉人 ネタバレ | 21:51 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ん?
『交渉人 真下正義』ノベライズ本の事です。
気になる方は、飛ばしておくんなまし。





サクッと読み終えたこの小説。
いくつか気になる点が。

木島が車中でアクションを起こすのだが、
その様子を書き表すとき、どうしてなのか
「バンパー」「ボンネット」を殴るなり
蹴るなりするのやろうか。

はじめ読んだ時、
「わざわざ車から降りてか?」
なんて思ったけど、どうやら違う模様。


「ダッシュボード」なら、理解できるんやけど。
ですんで、終始この点が気になってばかりでした。

最後の隠語集は、楽しめました^^
ああいうのは有難いですね♪
| 交渉人 ネタバレ | 23:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Nゲージ
一応ネタバレって事で。


「脇線」の事を聞きだすべく、TTRの喫煙室に
矢野を呼び出し、ネゴシエーション開始。

ここではじめ、「婦警との合コン」を餌に使うが
テッチャンは釣れない。
そこで、喜びそうな「Nゲージ」を餌に
「脇線」の事を聞きだす事に成功。


気になるのがこの後。
「Nゲージ」ではなく、「HOゲージ」を
きちんと矢野に渡したのかどうか。
最後のスタッフロールででも、真相を
明かしてもらいたかったですが、
そうもいきませんよね。

もし写真があったなら。

・「HOゲージ」を手中に収め、喜んでいる矢野の写真。

・TTR内に配送され、片岡に見つかり
返してくださいよぉ〜と懇願している矢野。

・TTR内に配送され、矢野の知らぬ間に片岡が
持ち帰り、盆栽を弄るかのように
「HOゲージ」を見つめ、微笑んでいる片岡。


う〜ん。全部見てみたい(笑)
| 交渉人 ネタバレ | 22:44 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
お気に入りシーン2
またもや好きなシーン。
ご機嫌なシーン。
そしてシ〜ン・・・。

ハイ。盛り上がって参りました。

本編前半、クモ初登場のシーン。
3人の駅員がホームの端で、クモの到着を
今か今か、と身構える。

トンネルの奥から、蒼白い光が現れる。
そして、その出てくる瞬間と共に
流れてくる『Chase On The Rail』

この時、何かスーっと体から抜けた感じに
なります。楽曲と、クモの登場とが
見事にマッチしたこのシーンに、「巧」です!<ぉぃ


一瞬、このクモが「デコトラ」に見えたのは
ココだけの話です(笑)

「デコトラ」とは、
「デコレーション トラック」の略で、
派手に電球や装飾を付けたり、
荷台にアートを掲げているトラックの事。

今やあまり見かける事のなくなったトラックやけど、
アートの上手さは絶品。
職人まで居て、全国のトラッカーがその人に
アートの依頼をしに来る。

運輸会社が、改造車の出入りを禁止したり
取り締まったおかげで激減の一途を辿っていますが、
今でも全国を駆け巡っています。

哀川翔さん主演の「デコトラの鷲」では、
実際に走っているデコトラを使い、撮影してました。
その作品には、全国のトラッカーがエキストラ車として貸し出したり、
集まってきたんですよね。

って、ほとんどデコトラの事やし^^;
| 交渉人 ネタバレ | 22:25 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
お気に入りシーン1
もちろんネタバレなんで、初めて
ネタバレカテゴリ。

最後の犯人を追い込むシーン。
14号線を使って来てるだろう犯人に対し、
真下
「残念だね。今日はクリスマス休暇で工事現場は
封鎖されてるよ。さぁ〜どうする。」

この間、犯人はなかなか新宿に来ない真下に
苛立ってか、口調もキツメ。
クセだろうか、指で机をリズム良く叩いている。

そして、さっきのセリフを聞かされた犯人は
大笑い。

「わ〜〜〜はっはっはっは。そんなわけないだろう。
ちゃんと調べは付いてんだ」

ここです。
自慢げに、誇らしげに笑った犯人の感情が
一気に180度転換するシーン。

この大笑いの後、作戦であった
クモが14号線を通って新宿に向かってる事を
自白した事に気付き、指が止まる。

「みゃしたぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

と、おそらくこれまでに叫んだ事もないくらい
大きな声だったんではないでしょうか。

日本ではクリスマス休暇なんて、
ほとんど耳にしません。
海外ではそういった事はありますよね。
これもアメリカ ロス市警での研修の賜物。

クモも止められ、爆弾も解体され
これで犯人は降参し、車を降りリモートで
車を動かしたんじゃないかな?
と思ってます。

映画に隠された謎、リンク、エキ参加した捜査員等
探したり、見つけたり目の捜査もそうですが
流れが分かってても、まだ観に行きたくさせる
この映画自体、謎です。
そして私の年齢も謎です(ぇ)
| 交渉人 ネタバレ | 21:09 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |